憩いのマド、美、食、癒

日々の日常の中で気になる「憩い」についてマドを開いてほしい願いも込めてつづっています。気になる美、食、癒しで、作者エステティシャンの目線で、「憩い」にピックアップいたします。

はじめての方へ


はじめまして

こんにちは。「憩いのマド、美、食、癒」のブログを ご覧いただき、ありがとうございます。

「憩いのマド」とは、

皆様が思っている心のマドが、少しでも「想い」のあるものになれればのコンセプトで名づけました。

このブログを見て、ホッとできるような、そうこのブログで少しだけ、自分の心の「自分の心の扉(マド)が開けられたら」と願っている人に見て頂ければ幸いです。

私は今は都内でエステティシャンをしています。ここに至るまで、本当に色々とありました。

でも少しでも変わりたい!と思っている方がいたら、どうぞここからの私の軌跡を読んで頂き、「自分も変われる!」という気持ちになって頂ければと思っています。

 

1.もともと、普通のOLでした。なぜそんな私がエステティシャンになったのか?

「どんな人でも違う空間に身をゆだね、心地よい気分をその時は幸せを味わえるように、そんなちょっとした幸せを提供できる仕事に就きたい。」

「辛い事、悲しい事があって、癒されたい時は無理に笑わなくても良いです。身をゆだねて、自分に憩いを与えてあげてください。」

その時に私のカラダの中に久しぶりに心地よさと優しさをもらって涙がつつっと流れました。

私が「エステティシャンになろう」と決意したのは、29歳のまさに人生のどん底の時でした。

毎日、「悲しくて生きているのも辛い」と思う日々が続き、やがてカラダに症状が出てきました。

顔とあごのまわりにわけもなくニキビが・・どんどん出てきたのです。
私は必至でニキビを治す為、そういえばと思い、気になっていた自宅近くの美容皮膚科に、治す一心で、相談に行きました。

「3カ月で治りますよ~」と私は安堵し、2週間に1回、皮膚科にAHAピーリングとビタミンC導入をしました。
最初の1か月は、とてもきれいになりましたが、1か月半後、今度は以前よりひどくあご周りから首にかけて拡がりました。
お医者さんは、「あ~悪いものがでてきたんだね~」と。
そんな風に言われても~。治すために、必死で頑張って毎日、塗り薬もしていたのに。。

そこから私は自分の意志で、「これは違う」と思い、あらゆる手段を考えてやってみました。

今思えば、その頃、精神的に「ニキビづらのそんな顔になったらどうしよう」と、かなり心配しすぎていたかもしれませんが、
そのせいか、頭皮までもかゆくなる始末でした。

ニキビに良いとされる
・サプリメント(青汁)とか・・
・ニキビが治る化粧品とか・・
・食事とか・・

しかし、何も変化がない日々が続きました。

2.恩人との出会い

色々やった半年の中で、ある銀座のもう壊れそうなビルの中にある
「〇〇フィル美顔教室」と書いてあったところに行ってみました。

「いらっしゃいませ」

とても優しくしてくれた担当の方でした。彼女はもう30年この仕事についていて
色々な人を見てきた、温かい人でした。

洗顔の仕方、お肌の構造、どうしてそうなっているのかをとても詳しく教えてくれました。
OLで働いていた私は仕事帰りに立ち寄るのが楽しみの1つでした。

ただ、どんなに頑張っても、鏡を見ているとなんだかブスっとしていてニキビが沢山の私・・
「なんでこんな風になっちゃんたんだろう~」
と落胆していると、その担当してくれた彼女から出た言葉が、意外なものでした。

「辛い事、悲しい事があって、癒されたい時は無理に笑わなくても良いです。身をゆだねて、自分に憩いを与えてあげてください。」

「肌にありがとう、って言うの。色々な外からの刺激、内からの刺激を守ってくれているでしょう。自分の手で愛してあげるのよ」

私はその言葉を聞いて泣きじゃくりました。

今まで自分が吐き出せなかった沢山の事を彼女はずっと聞いてくれました。

幼い頃、両親があまり仲良くなく、いつも様子を見ながら、妹をかばいながらすごす日々、大学時代、色々なものから 解き放たれたいと思い、NYに行ったこと。
「私は絶対に幸せになってやる」と思い、大恋愛の末した結婚と裏切りの狭間で苦しかった日々、そして離婚・・
私自身、生きる目標を失い、カラダもココロもボロボロだったけど、何とか周りに支えられながら、OLとして働く日々、そんな中、自分のお腹の底にあった想いが、この日を境に変わっていきました。

その時でした。

「どんな人でも違う空間に身をゆだね、心地よい気分をその時は幸せを味わえるように、そんなちょっとした幸せを提供できる仕事に就きたい。」

電光石火のように、私の中に、響きました。
元々、アロマセラピーの香りが好きで、勉強し資格も取っていたので、興味はありました。

「よし!がんばって就職するぞ!」
私がエステティシャンとしてまず第1歩を歩み始めた日でした。

 

3.大手化粧品会社でのエステティシャンとして修業の日々

そして晴れて大手化粧品会社のエステ部門へ合格。現場は思っていたものとは全然違くて、表舞台だけは華やかで、裏は大奥のようでした。

当然、人気商売です。お客様の奪い合い、半年間は、どんなことがあっても下働きです。そこでたいていの人が辞めていきます。

「なんでこんな歳からがんばるの?」
「その雑誌片づけて!」
その時の私ははるか年下の人達の先輩にあごで使われるような日々。
おかげで、円形脱毛症にもなりました(笑)
その頃の経験は、自分が指導者という立場の今になって、よい経験だったと納得しています。

2~3年働く中で見えてきたことは、昔、私の恩人が語ってくれた

「辛い事、悲しい事があって、癒されたい時は無理に笑わなくても良いです。身をゆだねて、自分に憩いを与えてあげてください。」

の言葉でした。銀座という場所柄、千差万別の業界の方々が沢山いらっしゃいます。

「私自身のハンドから伝わるものがあれば~」という想いがふつふつと、毎日毎日来る日も来る日も、沢山の方々にお会いし、施術させて頂く中で、

「あなたにマッサージされて、すごく元気が出ました。本当にありがとうね~」

「すごく結果にも満足、何より癒されました。また来ます。」

何か話をした訳でもないのですが、ハンドマッサージから伝わり、皆様から感謝の言葉を頂くたびに、

このお仕事をしていてよかった~と感謝する日々でした。

有名な方も含めて5,000人ぐらいは施術したころに気づきました。

「今でなくてもいい。あなたらしい心の扉が開く何かお手伝いができれば」と。

私のエステティシャンという手技を通して、その方が癒されれば・・という想いが強くなっていきました。

「どんな人でも違う空間に身をゆだね、心地よい気分をその時は幸せを味わえるように、そんなちょっとした幸せを提供できる仕事に就きたい。」

あの日思った「幸せ」を感じてもらえる時間を過ごしてほしい。。

 

4.ある人の出会いをきっかけに、起死回生! サロンを再生することに!

その後、エステティシャンや全国へインストラクターとして飛び回っていた中で、「サロンを再生してほしい」という依頼を頂きました。

新宿ど真ん中、もし今のままでこのまま売上が上がらなかったら、3カ月でサロンは閉鎖。

当時、うつ病気味だったスタッフもやめてしまい・・

私には荷が重すぎると思って、一度はお断りしたご依頼のお仕事でしたが、美容室併設で 経営しているオーナーから、大晦日、再度お電話を頂き、
「もう1度考え直して欲しくて、何とか一緒にエステサロンを、再建してくれませんか?」と。

昔、働いていた同僚から一言、
「何をビビッてるの?銀座のあの地でやってきた私たちが、出来ないわけないよ。」と。
その言葉を聞いてハッとしました。「よしやりましょう。宜しくお願い致します」と。

そういってくれた同僚の彼女も今は渋谷で大反響のプライベートサロンを展開しています。

私のサロンは、半年でV字回復。今ではもう1人スタッフも入ってきてサロンとしても軌道に 乗ってきました。

日々の中で、今日1日5分でもいいのです。

「あなたの心の憩いの場所として、自分の心に正直に、ホッとできる空間を」

提供できるように。そんな支えになれたらと想います。

私自身も人間ですから、色々と思い悩むこともあります。
色々あった自分から、今日に至るまで、沢山の方々に支えられ、ここまでやってきました。
今の自分は、皆様のおかげで、夢を持って階段を昇れていることに感謝です。
そして、今は幸せです。

あなた自身も今はとても大変な時があるかもしれません。

本当に「覚悟」をもってやる中で、ホッとするものが提供できる

そんな「憩いのマド」になれれば幸いです。

 

私のサロンでは、「毎日笑顔で明るく!」をモットーにしています。

1年に1,000人を超える方々とお会いした中で、

「美」、「食」、「癒」

この3つのテーマで日々徒然に皆様に為になる情報をお伝えできればと思っています。

皆様と共に、素敵な毎日が送れる「憩いのマド」是非これからもお楽しみください。

またエステサロンで、

「サロンでの新人がなかなか育たない」

「継続するお客様が少ない」

などのお悩みがある方は、是非お問合せください。

何かあなたをお手伝いできるよう、一緒に支えていきたいと思っております。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

憩いのマド、美、食、憩

作者:yageta(ヤゲタ)
はじめまして。
「憩いのまど、美、食、憩」にようこそ♪
大手化粧品メーカーでのエステティシャンと営業経験を活かし、現在、都内でエステティシャン、店舗運営をしています。
日々のお客様からの意見や私の知識を皆と共有できたらと思い、メッセージ投稿しています。
どうぞよろしくお願いいたします!!

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031